小児科一般について

小児科一般について

当院では、お子様の急な体調不良や病気を幅広く診療します。こどもの症状としてよく見受けられるのが、熱、せき、のどの痛み、鼻みず、鼻づまり、腹痛、便秘、嘔吐、下痢、ひきつけ(けいれん)などです。お子様は、自らの体調不良を言葉で表現することが上手くありません。そのため、保護者の方から見て、いつもと様子が違うと感じたら、たとえ些細なことだとしても、お早めにご受診ください。
当院での診察や検査の結果、より詳しい検査や入院治療、手術などが必要と判断された場合は、提携先やご希望の病院などをご紹介いたします

子供に良くみられる病気

  • 発熱
  • 鼻みず、鼻づまり
  • のどの痛み
  • ゼーゼーする
  • ひきつけ(けいれん)
  • お腹が痛い
  • 嘔吐、下痢
  • 便秘
  • 湿疹(ブツブツ)
  • はだのカサつき
  • 機嫌が悪い
  • 泣き方がいつもと違う
  • 何となく元気が無い
  • 顔色が悪い
  • 食欲がない など

些細なことでも、お気軽にご相談ください

当院は、近隣にお住いのお子様・保護者の方にとって頼りになる小児科かかりつけ医として、土日も診療を頑張っていきます。体調を崩された際には少しでも不安を感じられたら、些細なことでも、お気軽にご相談ください。英語Englishや中国語Chineseしか話せない方についても院長が対応いたしますので、お気軽に受診ください。

※初診の際は健康保険証やこども医療費受給者証(各種福祉医療証)、母子健康手帳をお持ちください。現在服用中の薬がある場合は、お薬手帳をご提示ください。
※診察の結果、詳しい検査や入院加療、手術などが必要と判断された場合は周辺の地域連携病院へご紹介します。また耳鼻咽喉科や眼科、整形外科など他科にかかわる疾患の場合は、それぞれの専門医をご紹介します。

● 事前に確認いただくポイント

  • 今の症状の様子
  • 症状はいつ頃から現れたのか
  • 熱、せき、痰、鼻水、のどの痛みの有無とその状態
  • 尿や便の状態(異常があれば、撮影してお持ちになるのも良いでしょう)
  • 食欲の有無とその程度
  • 症状の原因として思い当たること
  • 薬や食べ物に対するアレルギーの有無
  • 現在、服用させている薬(お薬手帳)
  • これまでに経験した大きな病気や手術
  • 入院経験の有無 など

お子様の具合がひどい場合

診療は原則として順番通りに行いますが、下記のような症状がある患者様の場合は配慮をいたしますので、お申し出ください。

  • ぐったりしている
  • 激しい頭痛や腹痛がある
  • 呼吸が苦しそうである
  • 意識がふだんと違う、など

けいれん

いわゆる「ひきつけ」ですが、突然手足や体がガクガクしたり、硬くなって突っ張ったり、力が抜けてダラーンとなった状態で、焦点も合わず意識障害をともないます。乳幼児で多いものが「熱性けいれん」です。

熱のあがり始めに起こり、数分以内の短いけいれんですのであわてずに、どのようなけいれんか、どれくらい続いたかなどを記録し、まずは電話でご相談ください。中には脳の病気や、てんかんなどの可能性があるので脳波や頭部画像検査など精密検査が必要となります。けいれんが5分以上持続し止まらない状態や、止まったが意識がない状態などは、救急車を呼んで至急救急医療機関を受診してください。

発熱外来について

当院では、新型コロナウイルス対策として感染隔離室を設けております。院内には感染症の疑いがある方を隔離する部屋もご用意し、対策をとっております。濃厚接触の可能性があり、PCR検査をご希望の方は、まずは当院までお電話ください。症状などを伺ったうえで各自対応してまいります。